業務効率を高めるためのオフィスゾーニングの3つの考え方

オフィスの移転や新規拠点の開設、レイアウト変更をする際に、どのようなオフィスレイアウトにするのかを考えるにあたって一番最初に決めないといけないのは「ゾーニング」になります。ゾーニングは社員のコミュニケーションスペースや動線にも影響を与えるため、ゾーニング次第では業務効率にも影響が出ます。今回の記事では、ゾーニングを決めるにあたり、どのように考えていけばよいのかを紹介いたします。

それぞれのゾーンの特徴を考えて割り振る

ゾーニングとは、会社の異なる部署やスペースの役割の違いごとに、ゾーンを割り振っていくという考え方です。オフィスを異なる目的を持つゾーンごとに区切っていくことによって、より効率的で使いやすいスペースとなります。ゾーニングを上手にするにあたっては、まずそれぞれのゾーンの特徴を考えて、オフィス全体の配置を決めていく必要があります。ゾーンには、作業スペース、接客スペース、休憩スペース、書類保管室などのスペース、社長や重役のスペースなどの種類があります。これらの役割を考えて、オフィス全体の中に配置していくのです。

たとえば、接客スペースはエントランスから近い方が便利ですし、社内のセキュリティを守るためにも効率的です。一方で、休憩スペースや書類保管室などは、オフィスの奥にあった方が外部から見たときの印象もいいですし、くつろげる空間にもなるというメリットがあります。こうしたセオリー的なゾーニングもありますが、あえてゾーンを変えるという手法も取れます。たとえば、社長や重役のスペースの配置です。従来の日本のオフィスでは、一般社員は手前側にあり、社長など立場が上の人に行くほど奥の方に部屋があるというスタイルが採られてきました。しかし、会社全体の風通しを良くするという理由から、社長室をみんなから見やすいところに配置したり、センターに置いたりすることも多くなっています。ゾーニングによって、職場の雰囲気も変わってきますので、企業として求めるオフィスの雰囲気をもとにゾーニングすることが大事なのです。

動線を考えてゾーニングしていく

業務の効率を上げるためには、社員の動線を考えてゾーニングしていくことが大事です。いくつもの部署を配置していくのであれば、連絡を取ることが多い部署同士を向かい、もしくは隣にするといった配慮をしたいものです。また、小さなオフィスでOA機器などを共有しているのであれば、こうした機器が一方の側に寄せられてしまうと、一部の社員だけが楽で、他の人たちが苦労することになります。そのため、社員の業務デスクのセンターにOA機器をまとめるなどのゾーニングの仕方を採ることもできます。 

また、来客が多い会社であれば、接客用のスペースのゾーニングもとても大事です。たいていのオフィスでは、社員専用のゾーン以外にも、社員と来客者が同時に利用できるスペースも設けられます。このスペースを上手に配置することで、社員もお客様も無駄な移動をしなくて済むようになります。理想としては、来客者と社員が同時に利用できるスペースが手前にあり、その奥に社員のみのゾーンを作るという形です。こうすることにより、動線が短くなって効率よく動けるようになります。

それぞれのスペースの広さを考える

ゾーニングでは、オフィス全体の中での配置を考えるのが先になりますが、その次にはそれぞれのスペースの大きさを決めていくことが大事です。業務の効率という面から見ると、社員の業務スペースの広さと通路幅を十分に取ることがカギになってきます。一般的には、一人当たりの広さとしては10㎡が目安とされています。しかし、映像関係やデザインオフィスなどの場合は、広めにスペースを作った方が効率が上がるという傾向があります。業種によっても最適な広さというのは変わってきますので、適宜調節するようにしましょう。また、通路幅は消防法に適合するスペースを確保しないといけません。通路が広いと、オフィス全体にゆとりができますし、社員同士の移動や物を運ぶのも楽になります。業務効率に大きく関係しますので、きちんと考慮しましょう。

まとめ

ゾーニングによっては、業務効率や外部からの印象が大きく変わります。しかしながら、一度移転やレイアウト変更が完了すると、什器の位置の変更や、場合によっては壁の造作し直しをしなくてはいけなくなり、簡単には変更できませんので、ゾーニングをしっかりと考量してオフィスレイアウトを考えるようにしましょう。ゾーニングを考える上では消防法などの専門知識も必要なケースがございますので、オフィス設計の専門家に頼むのがよいでしょう。

オフィス・店舗まるごとNAVIでは、オフィスのゾーニングからレイアウト・デザイン、内装工事の施工まで、トータルサポートさせていただいております。ワンストップで弊社でサポートさせていただくことで、ご担当者様の負担を軽減することが可能です。オフィスの移転やレイアウト変更をお考えの方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせくださいませ!

お電話でのお問い合わせはこちら

平日 9:00~18:00

Webからのお問い合わせはこちら

24時間365日受付

関連記事