外国人の採用が進んでいる3つの理由

少子高齢化が今後ますます進み労働人口の減少が問題となっている日本では、外国人やシニアといった多様な人材を採用するケースが増えてきています。外国人を採用するにはどのようなメリットがあるのかを、外国人の採用が進んでいる理由とあわせてご紹介いたします。

人材の確保が急務となっている業界も多い

日本では、急速に日本人採用/外国人採用の割合が変わってきています。特定の業界において、その傾向が非常に強くなっています。理由は、労働力が不足してきているからというのが大きなものです。日本は急速に高齢化、少子化が進んでいますので、若い労働力がかなり減ってきているのです。作業の機械化などが進んでいるので、他の国に比べると作業人員が少なくて済むという状況にも関わらず、かなりの人手不足がいろいろな業界に起こっています。たとえば、建設業界や飲食サービス業界、介護業界などがその代表例です。政府も新しい法案を通して、外国人労働者を雇用しやすくしています。これからもその流れが続くことでしょう。 

大都市ではこの労働力不足が多くの業界で顕著に見られ、地方部よりも外国人採用の割合が高くなっています。場所によっては、飲食店やコンビニの店員のほとんどが外国人というケースもあります。言語の壁もありますが、それほど高度な技術を必要とされない職種では、積極的に外国人労働者を採用する企業が多くなっています。介護や看護の現場でも深刻な人手不足が見られていますが、これらの業界ではそれほどまだ外国人採用が進んでいません。やはり、人の命を預かる職であることや、言葉でのコミュニケーションが非常に重要というのが大きな理由です。しかし、徐々にこの壁もなくなってきていますし、法律的にも障害がなくなりつつありますので、今後さらに外国人採用が増えていくことが予想されます。

企業のグローバル化に備えるため

単純な労働力不足とは別に、外国人を採用することによってグローバル化を促進するという理由もあります。今や大企業だけでなく中小企業であっても、国内だけの営業にとどまらず、海外に進出するようになってきています。そのためには、進出する国や地域の言語を話せる人、法律や商習慣を含めた文化に精通している人を雇う必要が出てきます。いくら良い製品を作っていても、外国では日本と異なるスタンダードで取引がなされていますので、やはり現地のことをよく知っている人が取引に加わった方が良いのは間違いありません。当然、現地の言葉をネイティブで話せるというのも大きなアドバンテージとなります。 

また、企業のイメージとしても外国人が多く働いているというのは、世界から見てプラスのイメージにもなります。日本企業が優秀というのは世界的に評価されているのは確かですが、やはりグローバル企業として、多国籍の社員を抱えているという方が良い印象を持たれるのです。また、国内においても積極的に外国人を採用しているということは、高評価につながります。

異なる視点を持つ社員を入れる

日本の技術やアイディアというのは、世界的に見て非常に高いものがありますが、さらにそこに異なる視点を入れることによって成長できます。こうした理由で、外国人を新規採用する会社が多くなっているのです。異なる文化や考え方を持つ国で生まれた人は、やはり日本人とは違う発想の仕方やサービスの提供の仕方をします。こうした人材を多く採用することによって、今までできなかったような斬新なアイディアの製品やサービスを開発できます。また、いろいろなアイディアに触れることによって、他の社員にも大きな刺激となりますので、会社全体が活性化されるという効果もあります。日本より特定の技術や発想力の点で進んでいる文化もたくさんありますので、企業がそうした分野を強化するのにも、技能を持った外国人の登用を積極的に行うことは非常に有益なのです。企業全体の力を向上させることにつながりますので、大きな助けとなるのです。

外国人材は企業の成長に欠かせない存在に

労働力としてはもちろん、多様な文化・発想を企業内に取り入れるためにも今後ますます外国人の採用は増えていくことしょう。それぞれの国の文化の違いを理解する必要性や外国人を受け入れやすい社内の風土づくりなど、外国人の採用にあたって注意しないといけないことは多くあります。外国人を採用を検討している際は、専門としている業者などに相談しながら進めていくことでトラブルをへらすことができるでしょう。

弊社でも外国人の採用のお手伝いをさせていただいておりますので、もし採用を検討している方はお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせくださいませ!

お電話でのお問い合わせはこちら

平日 9:00~18:00

Webからのお問い合わせはこちら

24時間365日受付

関連記事