最近話題のクラウドフォン。ビジネスフォンとの違いを解説!

最近、利便性の観点から、従来のビジネスフォンではなくクラウドフォンを導入する企業が増えてきています。
クラウドフォンとは、クラウド型のビジネスフォンのことを指しますが、従来のビジネスフォンと比較するどのような違いがあるのでしょうか。従来のビジネスフォンとの違いをクラウドフォンのメリットを中心にご紹介します。

メリット① 設置や導入が簡単!

これまでのビジネスフォンは、一般的に主装置(PBX)と呼ばれる装置に電話回線が何回線分も収容されており、主装置からオフィスの各電話機を配線するのが一般的でした。
しかし台数が多くなればなるほど配線に手間コスト、管理コストがかかりますし、レイアウトなども制限されてくることも多い上、導入費用が高額なために中小企業にとってハードルが高いものでした。
クラウドフォンはビジネスフォンと同等の機能が利用できる上、主装置や固定電話を設置する必要がなく、スマートフォンでの電話が可能なため、設置や配線の必要がありません。もちろん配線工事も不要なので、導入コストを大幅に下げることができます。

メリット② 外出先でも使用できる!

クラウドフォンはスマートフォンを使用するので、外出先でもそのスマートフォンがあれば電話を受けることが可能です。
営業の方は外回りも多く、オフィス内の固定電話だと電話を受けられないケースも多いですが、クラウドフォンであれば外出先でも直接電話を受けられるだけでなく、会社にかかってきた電話をそのまま外出先でも転送してもらうことが可能ですので、機会損失を防ぐことができます。

メリット③ 人が増えても手続きが簡単!

採用を行って社員が増えても固定の電話機を増やしたり配線工事の必要はなく、スマートフォンを支給してもらうだけで大丈夫です。
煩わしい作業は不要なので人員が増えてもすぐに対応可能です。

このようにビジネスフォンではなし得なかったことが、クラウドフォンでは実現できます。
設立したばかりの企業はもちろん、少人数制の企業や固定電話を引けない環境で業務に取り組まれている企業には特にオススメです。

逆にビジネスフォンの方が優れているところはあるの?

機能面での違いはほとんどなく、とにかく導入のコストが格段に低いクラウドフォンの方が劣っているところは特にありません。
強いて言えば、ご契約いただく台数に応じて料金は増えていくため、契約内容次第ではビジネスフォンよりもロングスパンで見ると割高になることがあるくらいです。
しかし、このケースにおいては相当な台数を使用することがない限り、ビジネスフォン購入などの初期費用がかからないことを考えると圧倒的にクラドフォンの方がお得と言えるでしょう。

固定費を賢くコストカット!オフィスの固定費削減はおまかせください!

固定費は少ないに越したことはありませんし、業務を少しでも効率化するために、これを機に社内の通信インフラを見直してみてもいいかもしれませんね。
オフィス・店舗まるごとNAVIでは、社内のファシリティにおいて、コスト削減や業務効率化をご提案させていただいております。

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせくださいませ!

お電話でのお問い合わせはこちら

平日 9:00~18:00

Webからのお問い合わせはこちら

24時間365日受付

関連記事