法人の電話番号取得におすすめの「クラウドフォン」とは?

起業する際に、法人の連絡先としてすでに持っている携帯電話の番号を使うのか、それとも新しく固定電話の番号を取得するのか、悩む方は多いでしょう。経費はなるべく抑えたいものの、企業としての信頼性は高めたいところ。「せっかく固定電話の番号を用意しても、外出していることが多いから結局携帯に転送することになりそう」という方にぜひおすすめしたいのが、「クラウドフォン」です。

法人の電話番号が携帯電話のままでいいのか?

起業をして法人となったからには、たとえ社員が自分ひとりだけだとしても立派な企業です。仮に、自分が取引する企業の電話番号が携帯電話のものだったとしたら、どのような印象を受けるでしょうか。おそらく、「この企業は大丈夫かな?」「信頼していいのかな?」と不安に感じるのではないかと思います。実際にどうであるかは別にして、あまりいいイメージは受けないでしょう。

プライバシーの問題も

個人用の携帯電話をそのまま法人の連絡先として使う場合は、プライバシーの問題が生じる可能性があります。なぜなら、企業の電話番号はホームページなどに掲載する必要があるからです。不特定多数の人に電話番号を公開するわけですから、知らない番号から四六時中電話がかかってくるという事態にもなりかねません。また、個人情報が悪用されるリスクも高まるでしょう。

固定電話の問題点

一方、法人の連絡先を固定電話にした場合には、外出中に電話を受けることができないという問題が発生します。従業員が自分ひとりで、ほとんど外出しているというケースでは、せっかく電話がかかってきても対応することができません。そうなっては取引先のイメージダウンにつながるだけでなく、仕事の機会を失う可能性もあるでしょう。

クラウドフォンとは?

このような、携帯電話と固定電話の問題を一挙に解決できるのが、クラウドフォンです。クラウドフォンとは、クラウド型のビジネスフォンのことで、企業が使う固定電話の機能をスマートフォンで利用できるサービスです。

クラウドフォンの料金形態

クラウドフォンの料金形態は、ほとんどがレンタルです。そのため、レンタル料として毎月一定額を支払うことで、サービスを利用することができます。

クラウドフォンのメリット

クラウドフォンにはどのようなメリットがあるのか、以下で確認してみましょう。

外出先でも電話を受けられる

固定電話の番号にかかってきた電話を、スマートフォンで受けることができます。外出していることが多くても、柔軟な電話応対が可能です。

ビジネスフォンと同等の機能が使える

企業の固定電話、いわゆるビジネスフォンには、ひとつの電話番号で複数人が同時に通話をしたり、社内で内線通話をしたり、部署ごとに異なる電話番号を用いて鳴り分けをしたりといった機能があります。クラウドフォンでは、このようなビジネスフォンと同等の機能をスマートフォンで利用することができるのです。

増員やレイアウト変更にも簡単に対応できる

固定電話の場合、電話機を設置するときだけでなく、レイアウト変更や増設をする際にも工事が必要で、そのたびに費用がかかってしまいます。一方、クラウドフォンの場合は社員のスマートフォンが電話機の代わりになるため、増員やレイアウト変更にもすぐ対応することが可能です。

ビジネスフォンに比べてコストが低い

大規模な工事が不要で通信回線は既存のインターネットを使うクラウドフォンは、コストパフォーマンスに優れています。使い方にもよりますが、少人数での利用にはコストを抑えやすいのがクラウドフォンの魅力です。

クラウドフォンが向いている企業とは?

クラウドフォンの利用が向いているのは、どのような企業なのでしょうか。

  • 設立したばかりの企業
    設立したばかりでまだ軌道に乗っていない企業は、初期費用や固定費をできるだけ抑えたいところです。導入コストが低いクラウドフォンが向いています。
  • 個人経営、少人数の企業
    個人や少人数で経営している企業の場合、ビジネスフォンを導入してもその機能を十分に活用できない可能性があります。コストの面からも、クラウドフォンのほうがおすすめです。
  • 社員がよく外出している企業
    クラウドフォンは外出先でも電話を受けることができるため、社員が外出することの多い企業に向いています。
  • 仮設事務所や臨時店舗
    設置や撤去が容易なクラウドフォンは、仮設事務所や展示会イベントでの臨時店舗のような、一時的な利用にもおすすめです。

法人の連絡先となる電話は十分に検討しよう

法人の電話番号は、法人の信頼性に関わる重要な問題です。クラウドフォンは、法人の電話に関するさまざまな問題を解決できる、新しいサービスといえるでしょう。数少ないビジネスチャンスを逃さないためにも、法人の連絡先となる電話について十分に検討してください。

関連記事