コンセプトがあるオフィス環境作りで定着率・採用率をアップさせよう!

一見、定着率や採用率アップに関係がなさそうなオフィス環境の整備。しかし、働くなら「雑然としたオフィス」よりも「おしゃれでスッキリとしたオフィス」の方が良いという意見は多く、実際に「今の職場以外で働けない」と愛着を持つ方もいます。近年ではオフィスに工夫を凝らし定着率アップにつなげた企業も現れており、そうした企業ではデザイン性・機能性に目を向けた職場環境の改善や、遊び心を大切にした個性豊かな職場作りをしています。この記事では、オフィス環境から人事問題にアプローチする事例を紹介します。

なぜオフィス環境にコンセプトが必要なのか?

人事部にとって業務上重要な数字が離職率です。働きやすい環境作りを行うことがミッションでもあるため、離職率というのは、高い数字が出るとまずい通知表のようなものでもあります。
そもそも、なぜ人は会社を辞めるのでしょうか? この離職に関する考察を進める最初の一歩となるのが「離職理由の分析」です。そして、男女とも性別問わずにあげるその大きな理由は「人間関係」なのです。
上司、同僚、後輩、先輩……などなど、会社で働くうえでは、さまざまなバックグラウンドを持った人たちとの人間関係を円滑にこなしていく必要があります。人間関係の不具合とは簡単にいえば、合う・合わないの問題ですが、「無理やり合わせろ」といったところでいつか必ず無理が出てきます。根本的なところで大事なのは、「意識を共有する」ということです。あくまで、会社内であるべき人間関係は友だち同士のなれあいではありません。「ミッションを達成する」ためのプロ集団という関係性を作りあげる必要があり、そこで「コンセプト」が重要になってくるのです。
コンセプトの設定は組織の目指すべきところや立ち向かっていく困難を明確化することができ、意識の共有には欠かせません。近年ではそれをオフィス環境に反映させることで、定着率や採用率のアップなどの人事効果が現れたという例もあります。

コンセプトのあるオフィス環境とは?

「コンセプトのあるオフィス環境」とはどのようなものでしょうか? 
具体的な例を紹介すると、ある会社では「コミュニケーション」をコンセプトとしたオフィス環境の抜本的な改革を行いました。コールセンター事業を行っていたその会社では離職率が非常に高く、ほとんどの従業員が毎年入れ替わるという状況にありました。そこで、代表的な離職理由である「人間関係」の改善を図るべく、社員同士が自然とコミュニケーションをとるように促すオフィス環境へと整備しました。
例えば窓のない会議室の壁を取り払ってオープンスペースにし、仕切りもクリアガラスを使うことで「誰がどこで何をしているか」が一目でわかるようになりました。それにより、社員教育を行う際でもほかの社員の目が適度な監視になり、「理不尽に怒鳴りつける」といった叱責はなくなり適切なアドバイスが増えました。
さらには、社内に公園を作り社内のさまざまな人とのコミュニケーションの場を設けたことにより、社員間のリラックスした会話を生みだすことにも成功しています。自然と会話が生まれるオフィス環境を作ることが、定着率アップの秘訣といえます。

1日の3分の1以上を過ごす会社だからこそ良い環境を!

前項で紹介した「コミュニケーション」をコンセプトに設定したオフィス環境の整備によって、代表的な離職理由である社内の「人間関係」を改善できるということがわかりました。
ほかにも重要な離職理由のなかに「労働時間(残業)の不満」というものがあります。「毎日ずっとつらい仕事ばかりで充実感がない」と思う時間が長いほど、この不満はたまっていきます。
もちろん、労働時間や残業に関しては業務の効率化といった観点から適切な対処がなされなければなりません。しかしながら、オフィス環境を整備することで働いている時間の苦痛を軽減させることは可能です。
遊び心をオフィス環境に反映させた企業もあり、「海賊風オフィス」、「ハワイアンオフィス」、「緑に囲まれたオフィス」といった「見て楽しい」仕上がりになっています。これらの企業では社員からの「もうほかのオフィスでは働けない!」という強い支持があり、定着率もぐっと高まったといいます。こうした「オフィスにいる時間の充実感」は仕事のやりがいにもつながるのです。

「働きたいオフィス環境」が定着率・採用率アップの鍵!

問題を明確化するために必要な「コンセプト化」はオフィス環境にも反映させることができます。デザイン性や機能性に富み、「この会社だからこそ」と思わせる個性豊かなオフィスは、採用面接に来た方々にも好感を持ってもらえます。また、そこで働く人の意識改革の役割も担っています。
仕事は人生の大部分を占めるものであるため、「こんな環境で働きたい」という環境の実現が定着率アップにつながります。

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせくださいませ!

お電話でのお問い合わせはこちら

平日 9:00~18:00

Webからのお問い合わせはこちら

24時間365日受付

関連記事